前後処理はパーマのカールの持ち、タンパク質、水分補給、カラー後退色防止を目的にしておりますので

※一般的な他のトリートメントの施術とは異なります。

ダメージレベルにより原液及び2倍希釈した物を薬剤塗布の前及び後、薬剤に混入、シャンプー台にて塗布処理など状態におおじて施術しております。

このエントリーをはてなブックマークに追加